奈良県の労働相談は奈労連へ 困ったときにはすぐお電話を!

奈労連紹介

奈労連(奈良県労働組合連合会)は、130万人の組合員を擁する労働組合、全労連の傘下のもと「均等雇用待遇」、「健康で文化的な暮らしの保障」など、労働者の切実な要求実現を目指して、奈良県の地方組織として活動しています。

奈労連がめざすもの 

「もうひとつの日本を」つくろう大運動

こんな日本にしたい

「財界と一部の大金持ちのため」や「アメリカの軍事戦略への追随」でなく弱肉強食、貧困や格差をなくす社会。

だれもが人間らしく生き、働くことのできる職場と地域(自治体)づくり
「戦争をしない、戦争に参加しない(戦争放棄・憲法第9条)」を世界にひろげる日本に。

3課題(たたかいの柱)と3つの大運動

3課題のたたかい

1.仕事、2.いのち、3.平和

要求とは・・・

不満や怒り、悩み(ぐちなど)は、そのままでは要求できない。“要求”とは互いに「悩み」や「問題点、矛盾を感じていること」を出し合い、討議してどうすれば実現できるか、その道筋を整理し、要求内容を文書にして「要求書」として提出することから始まる。
「仕事(安心して働き続けること)」をうばうもの、「いのち」をおびやかすもの、「平和」をこわすもの、その相手(反労働者的、反国民的な立場に立ち攻撃するもの、勢力)はだれか、何かをはっきりさせよう。
討議し、解決すべき要求・課題を一致させ、その実現のため、どのようにたたかえばよいのか(たたかいの目標・戦略と戦術)を確かなものにしよう。

3つの大運動とは・・・

「格差社会」や「貧困」など、労働者はいつまでも耐えているわけではない。“要求”で団結し、怒りに共感すれば連帯できる。全労連・奈労連の役割は新しい時代を切り開くことにある。ひとりひとりの構えを大きくして、力をあわせて奮闘しよう。

奈労連常任幹事 

議長 松本 俊一
副議長 井ノ尾 寛利
玉井 史朗
松井 秀樹
松村 良治
吉本 憲司
事務局長 竹末 和美
事務局次長 石堂 吉輝
西川 弘展
常任幹事 小野 俊郎
竹村 美登
中村 篤子
中嶋 潤二
林 克己
藤垣 全弘
前川 容大
丸一 孝文

交通災害共済・医療共済 お申込みお問合せは奈良労働共済会へ

ページ先頭へ戻る

奈良労働相談ホットライン フリーダイヤル0120-378-060

奈労連新聞のお申込みはハガキかFAXで!1部100円

困った時にはすぐお電話を!

文字サイズの変更